ただ廃棄するだけではない最新エコ処理~廃油をハイっYOUに

作業員

収集からの廃棄

女性

廃油の処理は様々な過程を経て最適な形で処理を行っていきます。再利用できる油と出来ない油に分け、出来ない油は焼却処理を行い燃えカスなどは最終処分場へ移されることになります。再利用できる油も様々な分類分けがされます。

詳しくはコチラ

リユース出来る廃油

フルイ機を活用すると混合廃棄物もしっかりと分別することが出来ます。便利な機械を使用して最後の最後まで作業を行なおう!

葉っぱ

廃油と聞くと如何にも再利用できない劣化油とイメージしてしまいがちですが、必ずしも再利用できない油ばかりかというとそんなことはありません。勿論廃油の中には焼却処分しか出来ない種類もありますが、例えば切削油やギヤ油、また駆動部分を円滑にするために用いられる油などは再利用されることがよくあります。こういった油はリユース可能な油と言われることもあり、廃油として出される理由に劣化が進み油としての性能が落ちたからなどの理由があります。単純に劣化を修復してあげれば再利用できるわけなので、こういったリユース可能な油を多く利用している工場などでは廃油処分業者と提携して定期的に廃油の回収依頼を行い、劣化成分やゴミ等を取り除いて整えた後に再度リユースされます。これによって焼却処分する油を少なくすることができ、環境にも優しい処理が可能になります。業者と提携して劣化を取り除くという方法がある一方で、再度利用しないため廃油として処分されるという場合もあります。こういった油は劣化を取り除いても引き取り手が居ないためリユース出来ないと思われるかもしれませんが、実は格安で工場用油やボイラー油として販売されていたりします。通常では購入できない格安値段で販売されている事が多く、こういった油を積極的に購入して環境改善に貢献している工場なども存在しています。
格安で販売されるリサイクル油を欲する方が居る一方で、ただの油なら購入する必要がないという方も存在しています。例えば潤滑油が廃油として出され、劣化成分を取り除いて再度潤滑油としてリユースしようとしても、潤滑油を利用するのはものづくりを行う工場などで需要が少なかったりします。もしもこの潤滑油が別の油であれば是非購入したいという方も存在し、こういった方のニーズに答えるために廃油処分業者はただ単にリサイクルを行うわけではなく遠心分離器などの機械を用いて水分を取り除き、重油を作り出すこともあります。重油であれば様々な場所で用いることができ、リユース油の活用範囲も更に広がっていきます。この様に重油以外に補助燃料等を作ることもありただ単に廃油の処分を行っているわけではなく、リユースできる油は積極的にリユースできるように形を変えていきながら様々なニーズに答えたリユース油も製造しています。

廃油処分の二次活用

作業員

廃油を処分する時はそのまま処分するわけではなく二次活用という形を取ります。これによって焼却処分をするときに発生する熱エネルギー等を取り出すことができ、二次利用をすることが可能です。例えば電気を作ることも可能です。

詳しくはコチラ

廃棄タンクを準備する

女性

工場などでは油を使用する機会が非常に多く、廃油が出る量も多いです。そのため廃油を定期的に回収依頼する必要がありますが、この時に用いられるのが廃棄タンクです。廃棄タンクは無料で貸出がされている場合がほとんどです。

詳しくはコチラ

オススメサイト

  • ケーズクリーン

    さいたま市で一般廃棄物の回収をしっかり行なってくれる業者があります。とても役立つので、ぜひコチラをご覧になると良いでしょう。